すのっびー生活 ブツ欲×ゴルフな日々

ブツ欲にまかせて、購入品や話題の新製品を紹介。買い物、グルメ、旅行、ゴルフを中心に書き綴ってい予定です

バイロンデザインのGSSパター その2

f:id:progressive7:20210802232534j:plain

 

申込書を送ると見積もりがきます。

で、PayPalまたはクレジットカードで支払います。

まずは半金を手付として払います。

 

だいたい7~8週と言われます。

が、4週ちょっとで出来上がったから残りの半金を支払ってくれ、とメールがきます。

この段階で、インスタに勝手に公開されます。笑

 

で、PayPalで残りの半金も支払い。

 

が、ここで問題が。

インスタでチェックしてみると、、、スタンプが違う・・・

 

f:id:progressive7:20210802232849j:plain

 

オーダーシートには、TOURのOは☆。ONLYのOはスマイリーです。

あとGS$ではなくG$$

 

早速メールで、オーダーシートと違う!と連絡すると。。。

「白黒でプリントアウトしたら黄色が見えなかった・・・」

との回答が。

なんのためにデータを送っとんじゃ!?見えないならチェックしろや!

とゴネても良かったんですが、早く欲しかったし、大きな問題じゃないので(というか、そもそもスタンプやり直しできません)、G$$にだけしてくれ、と連絡したら、もう発送しちゃったから送り返してくれ!と。。。

 

ということで、そこは諦めました。

注文する方は、指示書は白黒で記入しましょう。

 

で、当然、輸入にあたって消費税がかかるので、受け取るときは支払わないといけません。

シッピングカンパニーとトラッキングナンバーを教えてくれ、と連絡すると、明日チェックする!

 

で、土日挟んで連絡こないので催促すると、「明日!」。

で、また翌々日に「トラッキングナンバーどうなっとんねん」と連絡すると、また、あ、明日。蕎麦屋の出前か!

 

どうも、営業担当のスティーブとバイロンさん、そもそも住んでいる州すら違う模様。

 

そうこしているうちに、1週間たち、パター届きました。

ちなみに、USPSで来ます。

 

f:id:progressive7:20210802233544j:plain

 

サイトドットは赤で書いていたのに白でしたw

 

f:id:progressive7:20210802233633j:plain

 

シャフトはKBSのブラック。

シャフトシールはバイロンデザインになっています。

 

グリップは、純正がPUREグリップ。

f:id:progressive7:20210802233712j:plain

 

ちょっとペタペタしていて気持ちわるい。。。

ので

 

f:id:progressive7:20210802233615j:plain

 

ラムキンのパドルコードに到着した日に交換。

 

打感は303と比べると、柔らいきがします。

芯があるけど柔らかい。

フラットフェイスなのに、パチンという硬さは感じません。

 

工芸品的な美しさは圧倒的に沼沢さんのアームスゲインですが、これはこれでハンドバフ品ならではの味かと思います。

 

 

バイロンデザインのGSSパター その1

f:id:progressive7:20210725233337j:plain

 

アームズゲインがイマイチ、眩しくて構えづらかったので、5週間ほど前に、いっそGSSパターにしてみようかな、、、でも高い、、、と思っていたんです。

 

笹生プロが使うピレッティのGSSが日本で48万円。USだと1900ドルで買えますが、何しろタマがない。

最も手が届き安いGSSがバイロン。ちょっと前は日本でも15万くらいで買えたらしいのですが、いまでは25万。

 

 

 

日本では、TX-GOLFさんがバイロンさんに発注してオリジナルモデルとして販売しているようです。代理店でもないような、、、

 

で、バイロンデザインのホームページを探してみると、一応ある。基本的にはカスタムオーダーのよう。

そこでホームページから日本からの注文も受けるか聞いてみると、、、

数日後、セールスのSteveからOKとのメールが。

 

申し込みフォームが送られてきます。

 

f:id:progressive7:20210725234607j:plain

 

これに書き込んで申し込むと見積もりをくれます。

 

ホームページには3型載っているのですが、ピンタイプでウッズモデルっぽい615を確認すると、そいつはもう廃盤でいまは新しいモデルの620になっている、とのこと。

 

ウッズモデルを少し丸くしたようなのが615。新しい620は少し角っとした感じでしょうか。

なんせ、HPに載っていない。。インスタとフェイスブックを発見し、そちらで見ることができました。

 

キャメロンはショルダーがトップラインから下りてきていて、バンパーの形状も少しシャープですが、前からみたらそっくりな気がします。

 

GSSモデルの基本料金は1000ドル

スタンプが25ドル

フラットミルドにすると+100ドル

ツアードットが1個50ドル

日本までの送料が100ドル

 

ウッズのようにツアードット2つでスタンプすると、1325ドルです。

 

独立記念日とかには10%OFFをやったりするので、近々10%OFFセールは無いのか聞いたら、じゃー10%OFFにするよ!とのこと。

ラッキーです。

 

スタンプはHPのギャラリーとかインスタで探して指定します。

 

それからシャフトとグリップは何種類かあるようです。

問い合わせしますが、なかなかちゃんと返事が来ない!

シャフトとグリップとヘッドカバーは何があるか?と聞いても返事が来ない。

シャフトは選べるか?と聞くと、「何がいい?」と。

KBSはあるか?と聞くと、黒がある、あとノーステップのYSC TTもある、と。

基本がこのYSC TTのようです。

ま、いわゆるウッズも使用しているトゥルーテンパーのYSC。

 

KBSのCT TOURのブラックがあるのでアイアンに合わせてこちらをチョイス。

 

パターカバーはインスタの新しいものから選択します。

ちょっと前のものはもうないらしい。

 

グリップも何度か聞いたら、オリジナルはPUREだとのこと。

指定したものも在庫があれば挿せるようですが、とりあえずロゴ入りのPUREに。

 

ちなみに、LAゴルフは選べませんが、スタビリティのノーマルモデルは選択可能。

しかもお値段+150ドル。

安いです。

めちゃ惹かれましたが、総予算を考えて諦めました。

 

つづく

ニールグアンドコーのヘッドカバーを買ってみた

f:id:progressive7:20210703011120j:plain

 

リンクス新川崎で、ニールグアンドコーのヘッドカバー販売会をやっていました。

店頭イベントの時は、オンラインで買うよりちょっと安くなるらしい。

そして、お買い得品で3000円とか5000円ポッキリという商品も!

(それも現行品)

 

ということで、バッグが迷彩だったので、こちらも迷彩&スターの人気柄を。

f:id:progressive7:20210703011422j:plain

 

なんでも、ネコらしいです。

ちょっとUESAKOっぽい

 

f:id:progressive7:20210703011455j:plain

 

特売品の中に同柄のFW用があったのでそちらも。

 

ネコが8000円のFW用が3000円(税抜)でした。

 

たしかネコが通常価格10000円(税抜)。

FW用が7800円(税抜)

 

この即売会、スイング碑文谷でもたまにやっているらしいです。

 

f:id:progressive7:20210703011743j:plain

 

VESSELのキャディバッグがバカ売れらしいので

f:id:progressive7:20210703005611j:plain



タイガーウッズが使用するキャディバッグブランド VESSEL。

ウッズが使用してからアメリカでも人気が出てきたブランドです。

全米女子オープンを買った笹生優花プロも使用しています。

 

そのVESSELの最新モデルが6月に発売したんですが、発売のタイミングで笹生プロ優勝もあったからか、既に在庫が全然ない。

メーカーにも無い(いつ入るかもわからないらしい)

このイリジウムが特に人気です。

何故か、ブランド名目立ってマークも入っているのはこの色だけ。

 

GDOでも、イリジウムが売り切れ、白にしようかなあぁと迷っていたら、白も黒も、やがてグレーも売り切れて、白とブルーのツートンだけ残りました。

 

でもやっぱりイリジウムだよなー

と思って、ヴィクトリア某店に電話すると「たまたま今日1個だけ入荷しました」というので、さっそく買ってみました。

 

f:id:progressive7:20210703010157j:plain

 

プレーヤー3です。

クラブを入れるところがツアーバッグのようなモフモフに。

 

f:id:progressive7:20210703010250j:plain

 

マグネットの開閉ポケット。

これはブリーフィングの新しいモデルにも搭載されています。

超便利

 

f:id:progressive7:20210703010322j:plain

 

普段はペチャンコのドリンクホルダー。

500のペットボトルがギリギリ入るくらいです。

ちなみに両サイドにあります。

 

f:id:progressive7:20210703010430j:plain

 

倒した時に底が折れ曲がってスムーズに動くようになっています。

他のモデルのように受け金具がむき出しになっていないのでスタイリッシュ。

 

で、早速クラブを入れ替えてみたんですが。。。

 

まっすぐ置くと安定しない!

初期のブリーフィングのよう。

 

ちょっと振動があると倒れます。

 

この曲る底の仕組みのせいか、底面が小さいです。

 

普段、練習場などでスタンドを出した状態で使います!という人は問題ないかと思います。

いま使っているブリーフィングは直立安定性が抜群なのがいいんですよね、、、

 

人気なので欲しい人は在庫みたらすぐ買いましょうw

たまに入荷します。

 

44000円です↓

ちなみに米国で買っても値段一緒です。関税と送料でかえって高い。

ピレッティのLAGPシャフト

f:id:progressive7:20210703001101j:plain

 

リッキーファウラー、デシャンポーが使用するLAゴルフのパターシャフト

LAGP TPZone135です

 

松山プロも数試合で使用していました。

ちなみにピレッティからプレゼントしたパターもLAGPバージョンでした。

 

ピレッティはアメリカ本社にオーダーするとLAGPシャフトが+250ドルでオーダーできます。

超お得!

日本だと44000円ですから。

 

f:id:progressive7:20210703001336j:plain

f:id:progressive7:20210703001353j:plain

 

このウッズリスペクトモデルG.O.A.T.でLAGPをオーダーしてみました。

 

シャフトが135gと重たいので、ヘッドは350gを選択。

ちなみに365gのサイトドットは既に米国でも品切れで手に入りません。

 

同じヘッドのノーマルシャフトと打ち比べましたが、このLAGPにすると打感がめちゃ柔なくなります。

スタビリティも柔なくなったと感じましたが、それ以上。

 

球も伸びがでます。

 

ピレッティでオプションにするならアリかもしれません。

 

44000円から値下がりしてました↓

 

北海道クラシック

f:id:progressive7:20210625235602j:plain

 

弾丸で北海道クラシックに寄ってきました。

札幌に夜ついて、夜ご飯はお弁当。

翌朝、ラウンドして夕方の飛行機で帰ってきました。

まぁ、こんな状況なので、ゴルフ場以外どこにも寄らず、、、

 

クラブハウスはこぢんまりとしたログハウス調です。

 

f:id:progressive7:20210625235724j:plain

 

中はこんな感じ。

お風呂は東京クラシックのように別棟になっています。

 

レストランも別棟に。

 

f:id:progressive7:20210625235801j:plain

 

 

そして、レンタルクラブは東京クラシック同様PXG

 

f:id:progressive7:20210625235826j:plain

 

 

コースは広い!さすが北海道。

 

f:id:progressive7:20210625235848j:plain

 

f:id:progressive7:20210625235908j:plain

 

そしてバックから回ったので長くてタフ!

ラウンド中はキツネにも会いました。

北海道でゴルフすると、ほぼキツネに会いますね。

 

北海道クラシック、印象は東京クラシックより難しい。。。でした。

 

 

余談ですが、、、

北海道の帰りは基本夜で暗いのでいままで気づかなかったんですが

 

f:id:progressive7:20210626000544j:plain

 

夕方なので青森県がはっきり見えました(ちょうど六ケ所村のところ)。

津軽半島の形がこんなくっきり見えるんだ!と思って思わず写真撮りましたw

全米女子OP優勝の笹生プロが使っているピレッティ

f:id:progressive7:20210616125039j:plain



最近ピレッティが売れているらしいです。

そこに来て、笹生プロが全米女子オープンで優勝しんたので、拍車がかかっているようです。

 

笹生プロが使っているのがこのモデル。

ポテンザエリート(米国ではポテンザ2 エリートという名称)

笹生プロ優勝前に既に国内は完売していました。

(PALには1本ありましたが)

これは先月、米国に1本だけ残っていた在庫。

 

ピレッティといえば365gが標準の重ヘッド。本国だと335と350gもオーダーで対応してくれます。

これは、ソールのおもりを調整して355、365、375gと自分で調整できます。

 

ソールは少し幅広です。

 

f:id:progressive7:20210616125630j:plain

 

一緒にオーダーしたのが、タイガーのパターをイメージしたG.O.A.T

限定生産品

シャープです。

 

f:id:progressive7:20210616125719j:plain

 

Armsgainとピレッティの比較。

 

f:id:progressive7:20210616125755j:plain

 

上からいるとこんな感じ。

笹生プロモデルは、ちょっとポッテリしていて安定感があります。

 

タイガーモデルは細い!

シャープな感じですね。

そして、タイガーと同じくサイトドット。

こちら365gで、ヘッドが効いています。

 

打った感じは303なので、ちょっとコツンという硬さがありますね。

ポテンザエリートのほうが少し打感が鈍いというか柔らかい気がします。

 

松山プロにも渡されたらしく、試している模様。